Return to site

「OWNERS KITCHEN」を開催し、ukka代表の谷川が未来の食と地域について話しました。

· イベント

食と地域の未来を考える「OWNERS KITCHEN」を開催しました

わたしたち株式会社ukkaと、人と地域をつなぐ仕組み作りを行うボノ株式会社とのコラボイベント「OWNERS KITCHEN -食と地域の未来を語ろう」を開催しました。

食や地域に対して想いを持ち活動する仲間と出会い、語り、ともに未来を創るための場所として、生産者自慢の食材を食べながら、都会と地方が連携する新たな仕組みを考えるシリーズ企画です。

キックオフとなる今回は、ukka代表の谷川とボノ取締役の谷津さんが「食で地域をつなぐ」をテーマに対談しながら、両社の連携によって始まる地域おこし協力隊の制度を活用した「食農コーディネーター」の育成事業について紹介しました。

「食農コーディネーター」とは、地域おこし協力隊の制度を通して生産者に寄り添い、地域の生産者と首都圏の消費者の関係性作りを進める役割を指します。

活動としては、地域に入り込んで生産者を発掘し、OWNERSを活用しながら広報支援、販路開拓やイベント企画などをサポートします。

農業従事者の平均年齢が66.8歳となり、担い手の高齢化が進む中で、地域では、生産者を支援する仕組みづくりと地域住民と協力して包括的な支援を行う人材育成が課題となっています。

ukkaはボノと連携し、地方自治体と一緒になって食農コーディネーターの仕組みを作っていきます。

未来の食と地域を一緒に考えてみませんか

今後もいろいろな方と一緒に、日本全国の食と農を盛り上げる動きについて考えていけたらと思いますので、次回もお楽しみに!

※「食農コーディネーター」に興味を持っていただける方や地方自治体のご担当者さまがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。(株式会社ukka 村瀬:shunji@ukka.green)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly